忍者ブログ
音楽のことなど
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の発表会で弾く曲を
そろそろ決める時期なのですが、
先生が、こともあろうに
自作曲の「川のように」を弾いてみたらと
言っています。

ひえーっ!

そ・れ・は・
超恥ずい~!!

「サングラスをして出たら」と言われたけど
そう言う問題でもないと思う。


なんだか、発表会の色物担当みたい。
さすがになー。
どうなんだろう。

できれば地道にバッハで出たい。それとも、ダブルで出るとか・・・?
PR
正確には、
バッハならどれも弾けるよん♪
と言えるようになって、
あの人のバッハはいいよね♪
と言われるようになりたいです。

本当なのか、先生のお世辞なのかは分からないですけど、
発表会でバッハを弾く人間は少ないので、
「あの、いつもバッハを弾くひとは今年も出るのかな」と
先生の弟子うちでは
言われているらしい。

えへ。(照)

あと10年ぐらい精進すれば、バッハ、歌うように弾けるようになるかな。
それで、
あのひとのバッハはええのお~と
言われるようになりたいです。
悪友の一人が、
弓道を始めて3年近くなるので、
習い事が3年続くなんて偉いねえ、と思わず言ったら
(私も)ピアノを続けているじゃん、と
返されて、
あれーと思いました。

うーん。ピアノは、
習い事じゃあないんだなあ。
たぶん。

大げさに言うと、
人生の一部なので、
習い事という感覚がないです。

この人生を使って、
バッハの曲を全部弾くのが、
野望なのです。


習い事では・・・ないな。うん。
バッハの「エコー」という曲が、
「フランス風序曲」の中の1曲だと
今日気づきました。
そうだったのか・・・。

でもよかった。エコーは弾いたことがあるので、
1曲得した気分。

この組曲では、「ブーレ1」も好き。
というか、
ブーレ1から弾き始めました。
始めの曲が難しいのです。

というより、
「ブーレ1」と「エコー」以外全部難易度が高いです。
私からは何も言わないのに、
モーツァルトはお流れ、(っていうかずっと練習できなかった)
次はバッハをやっていらっしゃいと言われました。

まさに私が(心の中で)切望していたとおりになりましたが、

・・・根性のない生徒ですまないのです。


バッハは弾いていて楽しいのですが、

モーツァルトはすごく憂鬱になってしまって本当になぜだか全然弾けない。
いったいどうやってチェルニーをめげすに
弾いていたのか。

35番を過ぎたらかなーり厳しくなってきました。

っていうか、
チェルニー!!

意地悪すぎ!

ほんとにこれを過去に弾いていたなんて
信じられない。
お取り寄せしていただいた楽譜を引き取りに行きましたら、
待っている間、
うしろでギターの試し弾きをしている上手なお兄さんがいました。

いいなあ、ギター。
いつも憧れます。

ギターはあの音色と、&持ち歩けるのがいいよね。

ピアノは・・・ああそうか。今は
くるくる丸められるのロール状のがあったっけ。


でもあの木の感触がよさそうですよ。
いつかやってみたい気もするのですが、

よそ見してる暇があったらまずピアノを弾けという話です。
月光の3楽章が
だいぶん佳境ですが、
次は「全音ピアノピースの247番」をやることになりそうです。
先生の指示なのです。

で、楽譜を買いに行ったら、
247番は売り切れなのかなかった。

お店の人に、「247がないみたいなんですけど」と聞いてみたら、
「ああ、247番は人気で、売れちゃうんですよねー」との事でしたが、

・・・全音ピースの300近いラインナップを、
番号で本当に覚えているのかな。

と、
ちょっと思ったり。

結局、取り寄せをお願いしてきました。


ちなみに、
247番は、
まさかのモーツァルトで幻想曲ニ短調。

とうとう初モーツァルトか。
ひょええ~。
これもいいかも。

ちょっとこわいけど(笑)

(4月1日のロゴはこんなでした↓)

新しいノーパソにしてしばらく経ちますが、
前のタワーにsoundblaster Live!(ボード)を
置いてきたので、
現在、サウンドシステムがまるっきりデフォルト状態です。

んー、
soundblasterも、今はUSBでちょこんと差すのから、
もちょっと大きいがたいまで、
いくつか候補があるんですが、
どれもAmazonでの評価はイマイチ。
まあ当たりを引けば問題ないのですが。

なまじ、他の音源を使ったことがないので
他の候補が考えられません。
やっぱりサンブラにするかなあ。
先生の所に行きましたら、
「昨日のコンサートに来てなかったけど、
体調は大丈夫?」と聞かれました。

わー・・・!!

チケットを戴いていたのに
・・・実は忘れていたなんて、言えません!

ごめんなさい!!

ああ~と思ってチェルニーを弾きましたら、
繰り返しのマークでおしまいかと思いこんでいた曲に、
まさかの「次ページ」が。

わー・・・・・・・。

もっと・・・


気を付けよう・・・。
月光も3楽章をがんばっていますが、
「そこのペダルは5mmぐらい踏んでみて。
・・・それは1cm5mm!」
と注意されました。

うわー

ペダルの深さまで始めて注意されました。

がんばろう。

なんとか弾けるような気がしてきた。
料理をすると、
たいてい焦がします。

でもついつい、「これだけ煮ておこう」とやってしまう。

これはまあ、自分でやってるから仕方がないです。

困るのは、

ピアノを弾いてる途中に
宅急便が来ることです。(月末は新聞の集金)
ほぼ100%練習中です。

しかも、100%居留守不可能です。
大好きな、アディエマスの「アディエマス」(曲名)を
たまたまYou TUBEで検索したら、
途中の間奏で、アルトリコーダー(たぶん)が登場して
超嬉しくなってしまいましたです。

あの音、この楽器だったとは~(うっとり)

私、学校で習った楽器の中で、アルトリコーダーが一番ぐらい
好きでしたよ。
リコーダーの親玉みたいで、素敵じゃないですか。

アルトリコーダー・・・いっそ、買ってまた吹いてみようかな。

http://www.youtube.com/watch?v=Vrhgk8Fa_QE


↑1分すぎのところでリコーダーが登場してます。


ちなみにあと学校時代で好きだったのは、
小学校にあった立派なシロフォン。
あのやわらかい響き、おおきながたい、
しぶい木目・・・。

うっとり。


もちろんピアノは別格。
「川のように」のピアノ版ができたので、
アップしました。
http://tobitokage.karou.jp/score/river01.pdf

元の曲とちょっと音が違うけど、
これもこれで好きです。

もしよかったら弾いてみてください。

実はリンクさせて頂いている「音楽の卵」さんで
pdfで楽譜を公開されているのをみて、
ああ、そういう方法があったのかと
(勝手に)真似させていただきました。
勝手にありがとうございます。
なんだか最近熱心に見てくださいます。
来週の休日も、レッスンになりました。
ありがたい・・・なあ(笑)

だいたい先生は、なぜ私のような
ぐーたら生徒をみてくれてるのだろうか、という
本当にすごい先生なのです。
カワイの中でも相当・・・のはず。
全日本クラスの教え子さんが何人もいる・・・はず。

あれかな、よく知らないんだけど、
受験の生徒さんが、休日にもレッスンされているのかな。
思わず、「先生は休日、お休みにならないんですか?」と
聞いてしまった。

そして月光の第3楽章を弾いたら、
「初見にしてはよく弾けてる」


ええ・・・とー。

一応家で、ちまっと見てきました。
ああがっくり。

もっと頑張って弾こう!


そして最近、「体を揺らさない」とよく肩をおさえられる上に、
「姿勢をのばして」と言われます。
こんなことを言われるのは初めてです。
やはり猫背だといけないのかな。
ブログ内検索
P R

忍者ブログ[PR]