忍者ブログ
音楽のことなど
[1]  [2
全部fにすると、相対的にfがなくなる。あとどれがメインメロディーか追跡できない。
PR
リヒテルかも知れないな。

どの時の演奏なんだろう。
ダビングしたものの
いつの誰の演奏か分からなくなってしまった
ずっと探している
「展覧会の絵」は。

ソフィア・リサイタルの近くな気がするけど。
どうだろう。
ソフィア・リサイタルそのものではないのだ。
2002年のワールドカップの公式ソングが
急に懐かしくなって
ピアノで弾いてみたら、
中間部を除いて、だいたい弾けました。
おお~。

しかし、いろいろ細かいところが気になるので、
楽譜を検索するも見つからず、

「そうだ、YouTUBE行こう」(笑)

と、検索したら、
おかしな事に。


私の弾いていたのは、
「アンセム」という曲名だと思いましたが、
検索して出てきた・ヴァンゲリスさんの「アンセム」は
別の曲だったのだ。
あれもすごくかっこよくて、好きだけど。


・・・じゃあ私の弾いていた「アンセム」は、
なにアンセム?



・・・どうやら、かなりあやしいですが、
fifa anthemという曲名になるのでしょうか。
かなり、謎です。

でもどちらも大好きです。
シンプルなメロディーとコードなのに、
すごく前向きで、好き。



fifa anthem:(弾こうとした方)
http://www.youtube.com/watch?v=_679sSiQ4dw

Vangelis - Anthem Fifa World Cup 2002: (いわゆる「ヴァンゲリスのアンセム」(謎))
http://www.youtube.com/watch?v=pcbGxT7nG60
大好きなゲーム音楽を
すごくおしゃれにアレンジしてあるサイトを見つけて
嬉しくなりました。

黎明期のゲーム音楽って
いろんなハードから同じゲームが出ていたりするので
同じゲームでも同時発音数から編曲まで違ったりして、
正解がなかったりするのです。

最近になって、ようやくyoutubeで
いろいろなバージョンのBGMが聴けるようになって、
「ああっ、なるほどね!」
とすごく納得。



同時発音数にしばりがあったりした時代のゲームなんかは
音は本当にぴこぴこなんだけど。

それゆえに、
絶妙な音取りがされていたりして、
今でも聴音しきれない。
なんということだ。
大好きな、アディエマスの「アディエマス」(曲名)を
たまたまYou TUBEで検索したら、
途中の間奏で、アルトリコーダー(たぶん)が登場して
超嬉しくなってしまいましたです。

あの音、この楽器だったとは~(うっとり)

私、学校で習った楽器の中で、アルトリコーダーが一番ぐらい
好きでしたよ。
リコーダーの親玉みたいで、素敵じゃないですか。

アルトリコーダー・・・いっそ、買ってまた吹いてみようかな。

http://www.youtube.com/watch?v=Vrhgk8Fa_QE


↑1分すぎのところでリコーダーが登場してます。


ちなみにあと学校時代で好きだったのは、
小学校にあった立派なシロフォン。
あのやわらかい響き、おおきながたい、
しぶい木目・・・。

うっとり。


もちろんピアノは別格。
このあいだ覚えた「はず」の楽譜記号を
次の日思い出そうとしたら、

「プテラノドン」と「モンテスキュー」に
なってました。記憶が。

全然違うじゃん。

仕方ない。覚えられない時は、変な絵で覚えるに限る!



プラスチックのペット「プラル」をトリマーならぬトリルして、
でんと盛ったらいいですよ!


・・・
・・・いいんだ。

これで忘れないだろうから!
このあいだは、某ショッピングモールで
松谷卓さんのガーデンライブがあるというので
出かけてきました。

松谷さんは、現代の作曲家では、3本の指に入るくらい
お気に入りなのです!

リフォーム番組「大改造 ビフォーアフター」の曲が有名だけど、
ニュース番組のテーマ曲「stargazer」もすごく好き。

個人的には、久石譲さんと、ゲーム音楽の系統…かなあと感じますが。

それはともかく、行ってみたら、
あまり大きくないトレーラーの横側を開けて作ったステージで、
こじんまりしていい感じの会場でした。
松谷さんは、キーボードを前に座り、パソコンを横に置いて操作していましたよ。

あこがれの人が、すぐそこで演奏しているので、
もう感激してしまいました。

演奏を聴いて、どう弾いたらいいのかも分かったしな(笑)


で、いつもは「CD買うとサインしますよ」イベントなんか、
絶対参加しないんだけど、
速攻で列に。

松谷さんは、(近くで見ても)
「ビフォーアフター」の楽譜の
表紙の写真(生真面目そうに床の鍵盤模様に手を伸ばしている)
まんまの表情でした。
写真撮影で緊張していたんじゃなかったんだ。


それで、CDにピアノからハートがぴょんと飛んでいるサインを書いてくれて、
握手までしてくれましたよ。


わー。


あこがれの作曲家に握手してもらえるとは…



まさに上の空で帰ってきましたです。
アディエマスの曲をダウンロードして、
最近のBGMにしています。

この不思議な言語の言葉は、架空言語”アディエマス語”というらしいと
昨日知りました(笑)

ついでに、「アディエマスさん」という人の曲ではない
ことも・・・。



てっきりアディエマスさんだと思っていたのに。

(※正解はカール・ジェンキンス&マイク・ラトリッジ)




アディエマスさん(想像図)
私は、グールドが変わっているとか風変わりだとか
異端な演奏家のように書かれているのを見ると、
はてな?といつも思うのでした。


そしたらこの間、何かの本で読んだのですが、
”情報は、先に入った方が後を規定する。”と。
まったくそうだと感心しました。



なぜなら、私がまだちびすけで
始めてバッハのピアノのCDを聴いたとき、
それは恐らくグールドのでしたから。


そして何も不思議に思わず、
「おおっ、バッハってカッコいいかも~!」と
単純に喜んだ。


それが誰の演奏だとか、解釈によるものだとか、

まして他の゛多数派゛な演奏があるなんて
小さい脳みそで思いもしなかった。



演奏家の名前というものにもまったく興味がなかった。ただ美しい音楽をアイスクリームみたいに受け取るだけで。

演奏家という者がいて、その名前が、他人と話を分かち合う時の
共通の識別票として必要になることさえ、
私はずっと後まで気付かずにいた。


グールドの名前が特別な言葉になったのは、
彼のCDを聞いていたら、低いうなり声がして、
心霊現象と間違えて部屋を飛び出したからにすぎない。

恐怖から覚めて、「ああ、グールドのCDを聞いていて歌声がしても、大丈夫。
弾いてるひとが歌っているんだから」
と、
私の記憶には特別アラートに似て
彼の名前が入ってきた。


その時も、歌ってもいいんだー、と、
思ったぐらいだったと思う。


だからずっと「グールドのバッハ」が
当たり前になっていて、
だから彼のことを書いてあるものをあとから読むたび、
不思議でならなくなるのです。

あの演奏のどこが変わっているんだろう? と。



でも、実はつい2年ばかり前、それを知った。
たまたま、教室の他のレッスン室から、
バッハが聞こえてきたから。


その時の驚きはことばに出来ない。


ただ、呆気にとられながら、
これが古典の演奏というやつなんだ、
と、
激しく理解した。



あれが゛正当派゛なら
まさにグールドはびっくりだ。



正当な、セピア色の演奏。
グールドの、生き生きとした生命力にあふれた演奏。



私には、あんな調ったセピアの音色は出せない、
出すためにこころにセピアフィルターもかけられない、

とあっさり呆然と降参したのを覚えている。

だからなんだって訳でもないんだけどー



そんなグールドファンも、世の中にはいたりするのでした。

ってだけのお話でした。

長々と変な話ですみません。
同じ楽団のCDを探すのが大変です。

BOOK OFFでなんとなく買ったバッハのCDの、
ムジチ・ディ・サン・マルコというところの
演奏が気に入ったのですが、
なかなか次の1枚につながりません。

どうも私は、きっちりというよりは、おおざっぱで生き生き、という
演奏の方が好きなので、
一般受け度が低いような演奏家が気に入ること多いみたい。

マイナー受難なのです。
やれやれ。



追記

マイナーなのは、私の発想力の方でした。

英語・・・じゃないな、なんだろう、この言語。ともかく
Musici di San Marcoという外国語で検索したら
さくさくひっかかりました。
いったい・・・。

イタリア語・・・かな・・・たぶん・・・。(自信なし)


ともかくこれでCDが見つかるから、いいや! なんでも!
注文していた、ドヴォルザークの「新世界より」のCDが届きました。
「我が祖国」がすごくよかったので、
同じ組み合わせ(ノイマン×チェコフィル)のを買ったのですが
こちらも超好み。
えへへ。嬉しいです。

それにしても、実はほとんど始めて、まともに新世界を通しで聴きました。
(おいおい)


1楽章は全然印象になかったし(おいおい)
2楽章は例の、
眠そうな出だしに続く、
「ぱーららー、ぱーらら」でもちろん知っていましたが。

3楽章は、私、ずっと「別の曲」だと思っていました。おかしいなー?(と言っても序盤しか記憶になかった)
勇壮で実にかっこよかったんですねえ。
ぱーらん、ぱーらん、という運命的な音も印象に深いですが
(ファ・ミ・レ・ド・シ・ファ(たぶん?))と下がってくる
あの裏の音が好きです。

4楽章はさらに別の曲だと信じきっていた。
あらまあ。



それにしても、ピアノ曲だってたくさんは知らないのに、
まして吹奏楽出でない私には
交響曲の知識や聞き覚えなど皆無に等しかったりします。

でもそのおかげで、こうして大人になってから
「うわー、こんなによい曲でしたか!」
と喜べるので、
ある意味、子供の頃に強制的に聴かされて「ちぇっ、クラシックってつまんないの」と嫌いになることもなかったし、
結果、良かったかな。



ちなみに、4楽章は、ちゃーらん、ちゃーらん、という悪者の悪巧みで始まる(?)
ぱーらっら、ぱーららー。ぱーら・ぱら・ぱーん!
という
あの曲。
と、自分で書いておこう。念のため。

これでもう忘れることもないでしょう。
しかしこれでホントにピアノやっている人間なのでしょうか。
まったくなんて表現力のとぼしい・・・。


(*追記 3楽章の裏の音は、
ミ・レ・♭レ・ド・シ・ミですか。
まあどっちでもいいや。)
なんと東芝から返事が来ました!
(↑東芝のケータイの初期内蔵音楽が気に入ったので、
  同じ作曲家の着メロはありませんか?と問い合わせた。)

しかし、
残念ながらそういうのはないらしい。

でも、ご丁寧に制作会社を通して作曲者に伝えてくれたそうで、
作曲者の方は大変喜んでくださった由。
今後の活動の一環としてそのようなサービスを検討させていただくとのこ
と。

ちょっと嬉しい気がします。
着メロがないのは残念だったけど、
好きな曲を好きだって伝わったのが嬉しい。
急に「モルダウ」が聴きたくなって、
チェコ・フィル×ノイマンさん指揮のCDを買いました。
チェコ・フィルのモルダウは
まるで春風がなぶるモルダウのようですよ。
やさしくて、きれいで。軽やかで。

すっかり気に入ったので、同じ組み合わせの
ドヴォルザークの「新世界」も注文しました。


それにしても、クラシック1000シリーズといいながら、
「全70タイトル」というので、
「残りの930タイトルはどうした」と思ったら、
単に定価が1000円のシリーズって事だったらしい。
てっきり1000枚のラインナップかと思ったのに・・・。


関係ないけど、「モルダウ」は、
最後の2音がどうしても気になります。
あの、「ドン・カッ」っていう。

せっかく、とうとうとモルダウが地平線の方に流れていって
遠くなっていく、いい感じの終わりなのになあ~。
まるでぶちこわしみたいです。

あの2音はなんなんだろう?
「これで曲はおわりですよ、拍手はここで」という合図とか?(まさかね)


英語表記だと、「我が祖国」が「My country」なのにも
今日気づきました。
これを「我が祖国」と訳した人は偉いなあ。
もしこれが、「俺の国」だったら、
たぶん感動半減です。

ケータイ(auのW53T)の
初期内蔵着メロ、 "Image Song 1"が
なんだか気に入っています。

むしろこの曲をLISMOとやらで聞きたいのに、
内蔵音楽のかけかたが分かりません。(できないのかも?)

仕方ないので、聞きたい時は、1ループごとに「再生」ボタンを
押す始末。


同じ作曲家(?)の曲がダウンロードしたくて、auに問い合わせたら
そういうのは分からないのだそうです。
残念~。

あっ、もしかして東芝の方に問い合わせればいいのかな。


『ドラゴン桜』によると、
暗記で大事なのは、「語呂合わせ」と「変な絵」なのだそう。
(”変な”っていうのがいいですね(笑))
面白そうなのでやってみました。


モデスト・ムッソー(←注:ムソルグスキーに私個人がつけた愛称)
生まれ年 1839年(ムソルグスキー岩咲く)



組曲「展覧会の絵」 1874年(展覧会に岩なし)




いまさら覚えてもどーかなーと思いますが(笑)
遅いよね。

でもときたま、今でも、
「この作曲家とこっちの作曲家では、
どちらが昔のひとなんだろう」(何しろ知識ゼロなので~)
とふと思うので
役に立つといいなあと思います。
そのうちね。
借りてきたバックハウスのCDは、
ベートーヴェンの「4大ピアノソナタ集」
(悲愴・月光・ヴァルトシュタイン・熱情)

聞き覚えがあるな~、悲愴~
と、思ったら、

弾いた事があるんでした。(おいおい)

あんまり弾いてないんで忘れてました。
それでなくても悲愴ぐらい知っていそうなものです。



ちなみに悲愴は、軽快な第3楽章が一番好きです。1、2楽章も好きだけど。(でも2楽章は弾いた事がない)

月光は1楽章の左手の、ぱらら・ぱらら・ぱらら・・・が好き。
もちろん3楽章の激しさが一番好きですが。

月光はまだ弾いた事がないので弾いてみたいなあ。


ヴァルトシュタインは1楽章のダッダッダッダッダッダッっていう左手がやっぱり好き。
中盤もその調子だったらもっと好きだったのに。

熱情は、みんながいいなあ~、と言っているけど、
あんまり私にはよく分かりません。


それにしてもベートーヴェンなんて久しぶりに聴きました。やっぱりルーさんは和音がいいなあ。あと出だしのつかみとか音使いとかがとても好きです。



ヴィルヘルム・バックハウスは
写真だけ見ると、しぶい顔つきのまじめそうなおじいさんですけど、
演奏を聴いていると、ちょっと気取ってるというか案外乱暴というか
人間味ある風に聞こえました。
でも、おおむね、シンプルで聴きやすくて適当で(?)気に入りました。

それにしてもあたまに綿菓子のせてるみたい(笑)
ブログ内検索
P R

忍者ブログ[PR]